×

プレママ、ママのための口コミ・コミュニティサイト

まぐろのエスニック丼

鉄分豊富なまぐろを香味野菜といただくエスニックな味覚。
食欲が低下しがちな夏を元気に乗り切る、簡単で栄養たっぷりのパワー丼です。

まぐろのエスニック丼
赤のレシピ
まぐろのエスニック丼
材料(2人分)
1人分405kcal
素材 分量
キハダまぐろ 1/2さく(約90g)
[漬けたれ]
ナンプラー 大さじ1/2
ごま油 小さじ1/4
おろししょうが 小さじ1/2
おろしにんにく 少量
小ねぎ 25g
しそ 5枚
白ごま 大さじ1/2
すし飯 2膳
 
妊婦
  • まぐろは薄切りにし、たれに漬ける。
  • 小ねぎは輪切り、しそは千切りにする。
  • すし飯に小ねぎと白ごまを混ぜ、しそ、(1)をのせ少量(分量外)の白ごまをふる。

レシピポイント

  • ごはんをアルカリイオンの水などの上質な水で炊くと、お米の香りやうまみがより引き立ちます。
  • 市販のすし酢は塩分や糖分が多いので、1合の炊きたてごはんに対し、市販のすし酢25mlにお酢大さじ1/2をプラスして混ぜると、さっぱりと食べやすくなります。

マタニティアドバイス
  • 貧血の予防に。
  • 夏バテや疲労回復に。
  • 初期、中期、後期とすべての方に。
  • 一度にたくさん食べられない時には、少量のすし飯にまぐろをのせてラップで丸めて手まり寿司にしても。
  • 妊娠中期〜後期でむくみが気になる方は、ナンプラーの量を減らして。すし酢は入れず、薬味たっぷりのごはんに変えて。
オススメ! プラスメニュー
   こんなメニューをプラスして、さらに栄養たっぷり、ヘルシーなお献立に!

生活情報ナビ

コズレにて掲載中!おさえておきたい出産準備のポイント チャイルドシート取付車種確認 お得なプレゼント情報も!キャンペーン&イベント
スマホ向け表示
paetop