自分らしくて、あたらしい、そんなくらしをイメージしよう。 ×

出産時のトラブル

妊娠・子育てQ&A

出産:出産時のトラブル

様々な分娩方法や、出産にまつわる手続きなど、出産計画に役立つ情報はこちらです。

 

Q.01微弱陣痛

Q
微弱陣痛になると、帝王切開になるのでしょうか?
A
陣痛が初めから弱かったり、途中から弱くなってしまう事を微弱陣痛と呼びます。微弱陣痛になるとお産が長引くため、しだいに母体に影響を与える傾向にあります。陣痛が弱くなったら、安静にして食事を摂るようにし、必要であれば陣痛促進剤を投与します。

また、破水を起こしている場合は、細菌感染のおそれがあるため、あまり長引かせることはできません。陣痛を促進するような治療を行っても効果が現れない場合は、帝王切開による出産の可能性もありますが、この場合には、食事をとることができません。

Q.02誘発剤

Q
病院によってはあらかじめ出産する日を決めて、計画的に誘発分娩をすることもあるそうですが、危険性はないのでしょうか?
A
そのような病院は決して多くは有りません。計画出産とは、病院側と妊婦側が相談の上、あらかじめ出産する日を決めて取り行う出産スタイルです。この場合、子宮収縮剤や子宮を刺激して陣痛を引き起こし、出産することになります。計画出産のメリットは、平日の昼間など病院側のスタッフが万全に揃っている状態で行うケースが多いので、もし何かトラブルがあっても早急に対応できることです。

ただし、あらかじめ日を決めていたとしても、子宮口が固い状態で誘発すると、結果的に難産になりかねない場合や、急な破水などにより計画した日に出産できないこともあります。誘発分娩を行うには、母胎の状態を観察した上で慎重に行うため、心配することはありません。

Q.03陣痛促進剤

Q
お産がなかなか進まないと、陣痛促進剤を投与する場合もあるそうですが、どの程度進まない場合に使用するのでしょうか?
A
陣痛促進剤は陣痛が最初から弱かったり、スムーズにお産が進んでいる状態で急に弱くなったりする場合に使用します。破水している場合、お産がなかなか進まないと、胎児だけでなく母体にまで影響を及ぼすことになるので、お産を進ませる意味で陣痛促進剤が必要になります。最初は少量を投与し、お産の進み具合を見ながら量をコントロールするので、心配することはありません。

方法は点滴による投与と錠剤を服用する場合があり、どちらにするかはそのときの状況により決められます。使用する際は、分娩監視装置をつけながら十分な監視の元で使用するので、安心して病院側の処置を受けましょう。

Q.04NICU

Q
もし未熟児を生んでしまった場合、無事に育つのか心配です。
A
出生時の体重が2,500g以下の赤ちゃんを未熟児と言いますが、正式には低出生体重児と呼び、1,500g以下の赤ちゃんを極低出生体重児、1000g以下の赤ちゃんを超低出生体重児と呼びます。2,500gに達していなくても、生まれたときの体重が2,000g以上あれば、一時的に保育器へ入りますが、ほとんど普通の赤ちゃんと同じ成長だと考えて良いでしょう。

1,500g以下になると、NICUと呼ばれる未熟児専門の新生児集中治療室へ搬送され、24時間体制で管理することになります。新生児医療の進歩により、400g以下で生まれた赤ちゃんも助かる例もあるようです。

ただし、出生体重が少なければ少ないほど生存率も低くなり、たとえ命は救えても重い後遺症が残る確率の高さは否定できません。

 

paetop