×

プレママ、ママのための口コミ・コミュニティサイト

帝王切開後のトラブル

妊娠・子育てQ&A

産後:帝王切開後のトラブル

授乳をはじめとする赤ちゃんのケアなど、新米ママの第一歩はここからスタート。

 

Q.01帝王切開後のウエストニッパー

Q
帝王切開で出産したのですが、ウエストニッパーはいつ頃から着用して良いのでしょうか?
A
帝王切開で出産した人向けのウエストニッパーがあるので、それを着用するとよいでしょう。予定帝王切開の人はあらかじめ用意しておき、緊急な帝王切開の場合もあるので、病院の売店などにあるかどうか事前にチェックしておきましょう。着用する時期は個人差があります。ウエストニッパーの着用時期については、かかりつけの医師や助産婦さんに、聞いてみることが一番です。

入院中から着用する人もいますし、退院後に着用する人もいます。あまりきつく締め付けると傷が開いてしまうこともあるので、最初はゆるめにしておいた方がよいでしょう。ウエストニッパーを使わず、さらしを巻くという手もあります。

*ウェストニッパーとは、出産時に伸びたウェスト部分の皮膚を締めて体型を戻すもので、ショーツとはセパレートしている、腹巻き状のものです。

Q.02帝王切開後のかゆみ

Q
帝王切開で出産したのですが、半年経っても傷跡がかゆくてたまりません。かゆみが治まるのはいつ頃でしょうか?
A
通常は半年経てば傷跡のかゆみはなくなります。アレルギー体質の人は、その後もかゆみが残るケースも考えられるので、どうしてもかゆみが辛いのであれば、手術をした病院または皮膚科を受診してご相談してみてください。

Q.03帝王切開後の分娩スタイル

Q
今回、帝王切開で出産したので、次回は経膣分娩(けいちつぶんべん)で出産したいと思っていますが、可能でしょうか?
A
帝王切開した原因により、次回の分娩方法は決まります。例えば、狭骨盤、回旋異常、遷延分娩(せんえんぶんべん)などにより分娩に支障をきたした場合は、次回も帝王切開になる可能性が高いといえます。反対に、逆子や、前置胎盤、胎児切迫仮死などが原因で帝王切開になった場合、次回は経膣分娩が可能となるケースがあります。ただし、子宮に傷をつけているため、通常の分娩より慎重になります。経膣分娩をトライさせてくれる施設があったとしても、危険性が高いということを覚えておく必要があります。

もし、途中で何らかのトラブルが起きれば、帝王切開に切り替えることとなります。このように、一度帝王切開で出産すると、二度目以降は子宮破裂という危険性を伴うため、より安全なお産を希望するならば、最初から帝王切開にした方がよいでしょう。施設によっては、一度帝王切開をすると、二度目以降も帝王切開をすすめるところは数多くあります。また、一度目と二度目以降の産院が異なる場合も、帝王切開になる可能性は大きいようです。

*経膣分娩:胎児が正常な場合の通常の分娩方法を指します。
お探しの質問、回答が見つからない方へ

あなたの「教えて!」に、コンビタウン会員だけでなく80万人のOKWaveコミュニティーユーザーが答えてくれます。困った事や、気になることをどんどん検索&質問してみましょう!

ポイントの確認

コンビタウンに入会するとアンケートに回答したり、コンテンツに参加したりしてコンビタウンポイントを貯めることができます。貯まったポイントはコンビミニのお買い物ポイントとして使用可能!ポイント数に応じて商品券などが当たるポイントキャンペーンにもチャレンジできます。 イベントやキャンペーンのお知らせはメールニュースで配信します。


ページトップへ

妊娠・子育て便利帳

コズレにて掲載中!おさえておきたい出産準備のポイント チャイルドシート取付車種確認 お得なプレゼント情報も!キャンペーン&イベント
スマホ向け表示
paetop