×

プレママ、ママのための口コミ・コミュニティサイト

妊娠中期 6カ月

ママと赤ちゃんの体の変化

妊娠中は、いろいろな体の変化に戸惑うことも多いですね。でも自分と、おなかの赤ちゃんの体の変化がわかっていると、安心できることも多いのです。ここでチェックして、のんびりゆったりマタニティライフを過ごしましょう。

妊娠6カ月(20〜23週)

妊娠6カ月(20〜23週)
赤ちゃんの成長とともに、
おなかがますます大きく妊婦らしい体型に
■DATA <母胎とも妊娠23週末の値>
ママの子宮底長
18〜22cm
赤ちゃんの大きさ
身長 29〜30cm 体重 約600g
子宮底長:恥骨上縁から子宮上縁までの長さ
妊娠6ヵ月は、赤ちゃんの体が一段と大きくなる時期で、合わせて子宮も大きくなり、下腹部のほとんどを占めるようになります。子宮底(子宮の上端)が完全に恥骨上縁から出てくるので、妊婦健診で子宮底長を測れるようになります。6ヵ月以降、胎児が大きくなるスピードについていくため、子宮の壁は薄く伸び、おなかの皮膚も徐々に薄くなるので、子宮内の赤ちゃんの動きをはっきり感じるようになります。
大きくなった子宮の影響で下半身の血行が悪くなると、足がつったりこむらがえりが起きやすくなるので、ウォーキングなど適度な運動をして血行をよくしましょう。
おっぱいを準備するホルモンが働き始め、乳頭を押すと半透明のおっぱいがにじみ出ることもあります。乳頭を刺激すると、子宮収縮が起こりやすいので、産後の授乳に備えて乳頭マッサージをするのは控めに。または、医師に相談してからにしましょう。
この時期に、子宮がグンと大きくなるのは、赤ちゃんが大きくなるからだけでなく羊水量が増えるからです。赤ちゃんは、消化器や泌尿器の働きが発達し、羊水を飲み込んで排出する力がついて、羊水中の栄養を吸収するようになります。

 

 

妊娠月齢カレンダー TOPへ
5か月(16~19週)
おすすめの食材とレシピ
5か月のチェックリスト
6か月(20~23週)
BMIで体系チェック
体重管理テクニック
6か月のチェックリスト
7か月(24~27週)
カラーセラピー
お産を和らげる呼吸法
ページトップへ

妊娠・子育て便利帳

コズレにて掲載中!おさえておきたい出産準備のポイント チャイルドシート取付車種確認 お得なプレゼント情報も!キャンペーン&イベント
スマホ向け表示
paetop